ダルい、疲れる時にやってみた方が良いこと

からだがダルい、疲れが抜けきれないっていう方が増えています。

毎日何かと忙しく、心にゆとりが持てなかったり、思った以上にストレスを貯めてしまっていたり。。
心とからだを芯からゆるませて、楽にしてあげたいものですね。

私も疲れた時、どうしても休めない時が多く、そういう時はローヤルゼリーの助けがありがたいなーと思います。

あとは、とにかく休む!
たくさん寝て、何も考えない時間をつくる!
これが案外難しいのですが。。笑。


ローヤルゼリーの他には、《からだの負担を減らす工夫》が大事で、それが結構疲労回復に役立ちます。

例えば、先にあげた睡眠の他には、《食生活》が大事で、特に、からだに負担のかかりやすいものを避けると、疲れの回復が早くなります。

からだに負担のかかりやすいもの、としては、例えば
*合成添加物(保存料や化学調味料、香料、着色料などなど。加工品に多く含まれています)

*乳製品(牛乳、チーズなど。日本人にとって消化が大変なもの)

*牛肉、豚肉など動物性脂肪の多いもの。

あとは、最近では、*放射能ですね。

これらは全部ケミカルなもので、本来人間のからだで消化したり、代謝(食べたものをエネルギーや有用成分に変える)したりするのが難しい物質です。 だからそれを毎日取りつづけると、胃腸にものすごく負担がかかるのです。

ご存知かと思いますが、《胃腸》っていうのは、《からだの免疫力を担う根幹部分》で、
胃腸の疲れが、消化不良、代謝不良となり、それがかさなると、自分の持つ免疫力までが下がってしまいます。

だから、疲れた時には、消化の良いお食事、
例えば白いおかゆに梅干し、
野菜のお味噌汁
そんなものが美味しかったりします。

調味料は自然塩だけでオッケー。(精製塩はからだのミネラルバランスを崩しますので、なるべく自然塩を選ぶようにした方が良いです。)

濃い味つけのものも、味覚をにぷられせて、胃腸からのSOSがなかなか感じられなくなってしまいますので、なるべく減らす方向で。。

あとは、《食べる量》を減らす。
これもオススメです。
私は40歳過ぎたら、脂っこいものが胃にもたれるようになり、一度にたくさん食べられなくなりました。
消化力も年々衰えていくものなのです(涙)。

なので、最近は、1日2食プラスアルファぐらいで、3食しっかりはとらないのですが、その方が体調が良いです。

あと、《一度に食べる量をちょっとずつ減らしていく》のもオススメです。
だんだん、基礎代謝が落ちるので、今までとおんなじように食べていたら太っていまいますので^_^。

あとは、《お砂糖》と《小麦》を減らす。
白い砂糖、三温糖、グラニュー糖などの精製糖は、細胞を糖化させて、細胞の劣化、老化の一因になります。
特にお惣菜や加工品は、なんらかのお砂糖分が入っているものがほとんどので、そういうのも気をつけた方が良いです。
小麦も、農薬がすごくて、、砂糖と同様、猛烈にからだを冷やして、代謝を弱め、免疫力を落としやすくなります。
パンやパスタなどのカタカナ食が多い方は、要注意です

2014-04-25 | Posted in 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

体に負荷のかからない食事に

ここ数日、ノドがいがいがで、風邪っぽいのですが、気分は良いので、多分ノドが空気にやられたのだと思います。

私は割とノドが弱くて何かあるとノドに出るので。

そんな時は、いつも以上に体に優しい食事にしてみます。

お粥を豆乳ではなく、
震災前のかつお節削った出汁で煮るようにしたり、
コーヒーを番茶にしたり。

ほうれん草のように硝酸態窒素(硝酸性窒素)が多いものは避けてみたり。
確実に負荷になるものを避けるのはもちろんですが、ふだんなら大丈夫なものでも避けてみます。

免疫も腸管免疫といって、腸も大きな役割を果たしているのだから、胃腸の疲れは免疫低下につながります。
胃腸の負荷を下げることで、自分の免疫力にもっとがんばってもらいたい、とハッパをかけるというか(笑)。
内臓は他の臓器でおいつかないところ、まかないきれないことを何とかしようとがんばるものなので、腎臓や肝臓にも休んでもらうことも必要かな〜と。

自分の体の本来の治癒力をちゃんと機能させておくことが、大事なんじゃないかな〜と思います。

2013-02-16 | Posted in 0_diary, 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

ウェルネスライフってなんでしょう?というわけで。。

こんにちは。
常日頃、ウェルネスライフを!なんて言ってきましたら
「そもそもウェルネスライフってなんですか?」というお問い合わせをいただきました。
なるほど、そういう話はなかなかしていませんでした。。(笑)

その方のために書いたものですが
みなさまにも「ウェルネスライフ」実践していっていただけたらな、と思い、ここに載せておきますね。

ーーーーー

こんにちは、
ウェルネスライフというのは「健康に対して前向きな姿勢、生活」とでもいいましょうか、
病気にならない、病気に負けないからだづくりをしていくライフスタイルなのです。

もともとは高齢化社会の中で、いつまでもやりたいことができるからだでいれるように、
なるべく人のお世話にならないですむように、
脳やからだをサビさせないようにしましょう!
というミドルエイジ〜シニアへのご提案だったのです。

が、自分もすでに老化が気になる年頃ですし、働けなくなったら大変なので
やはり病気になりにくいからだでいたいと切に思いますし
実際40歳過ぎてメンタルやホルモンバランスの悩みも増えてくるので
年齢は関係ない、早い方がいいと思っています。

実際、この年代になるまででも
子供や家族にお肌やからだ、心のトラブル、不安があるでしょうし、
それは何とか乗り切っていって欲しい。
そのためにも、
自分も家族もそのまわりも
真の健康=からだの健康はもちろん、お肌やココロも健康であること
を大切にしていって欲しいし
その健康を失う前に、そのありがたみ、幸せに気づいて、転ばぬ先の杖、というか
ケアして欲しいという願いもあります。

というわけで、予防、が理想なのですが
実際は、何らかのお悩みをかかえてから対策をなさる方がほとんどなので
ウェルネスという会社で、
予防医学、抗加齢医学、アンチエイジングの考え方
トラブルや年齢に合わせたお肌のお手入れ
ストレスマネージメントや自分へのいたわり
から食養生、運動、睡眠まで幅広く情報提供しています。
また、天然成分の敏感肌向けスキンケア、エイジングケア化粧品、健康力をサポートする栄養補助食品の企画製造販売もしています。

ーーーーーーーーー
以下は補足です。

自分のまわり、ご縁の会った方がいつまでもなるべく元気できれいでイキイキとしていて欲しい、
という願いがベースで
さらに自分の肌が弱かったりケミカルなものに弱かったり
メンタル的にもタフにならざるをえないとはいえダメージ受けやすいので(笑)
お客様のトラブルや悩みが他人事とは思えず
トラブルをなるべく解消できるように必要なことはよろず承り、
そんな仕事を気づけば20年近くやってきました(笑)

特にこれからは
ストレスなどの中でもしなやかに、折れずに生き抜く
小さなしあわわせを積み重ねて心豊かに生きる
そんな心の持ち方なども併せて、
より元気に、楽しく、より生き生きとした毎日を過ごしていくための
具体的な手だてをいろいろ伝えられたら、と、自分で模索&実践したり、仲間さがしをしたりしています。

2012-05-16 | Posted in 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

祝!十周年!抗加齢医学会。学会誌の今回は加齢とうつ病特集。

DVC00485.jpg

アンチエイジング医学=抗加齢医学会の学会誌が届きました!今回は「加齢とうつ病」特集です。読みごたえあります。ありすぎます(笑)。

うつといえば、先日、東京女子医科大学精神科の加茂先生が講演で「女性はホルモンバランスの乱れる産前産後、更年期など男性以上にうつになりやすい時期がある」とおっしゃっていて、確かにそうだな、と。

仕事だけでなく、育児や家事、介護など家庭のことももろもろ一人でかかえていらっしゃる女性も多いので、ほんとに「日常の中でストレスを上手に発散していくこと」が大切なんですよね。

慌ただしい中でも、ちょっとずつ息抜きしていきたいですね♪

追伸:
それにしても抗加齢医学会が設立からもう10年とは。。あっという間でした。。10周年おめでとうございます!

2010-12-16 | Posted in 0_diary, 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

Protected: 友人向け価格のご案内

This content is password protected. To view it please enter your password below:

2010-06-05 | Posted in 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

クロワッサンプレミアム2009年12月号、この秋冬は「美容オイル」がブームな予感!

クロワッサン Premium (プレミアム) 2009年 12月号 [雑誌]

出版社:マガジンハウス( 2009-10-20 )

雑誌 ( ページ )



マガジンハウスの「クロワッサンプレミアム」はちょっとターゲット年齢層が高いのだけれど、質の高い記事が多くてよく読んでいます。
今回もいい雑誌だな~と思ったのでちょっとご紹介します。

10/20発売の12月号は、「若い肌」より「きれい肌」ということで、50才アッパー向けのスキンケアとメイクの特集。
スキンケアでは、乾燥対策に「美容オイル」がいくつか紹介されています。
「保湿に美容オイルが良い」、というのは今さらというか、もう常識と思っていたけれど、結構新製品でも植物性のオイルを中心とした「美容オイル」がでてきていますね。

これは私の持論ですが、

  • 素肌をキレイに保つには「水分」と「油分」のバランスが一番大切
  • 10代、20代の皮脂分泌が盛んな頃は「水分補給」だけでも何とかなるでしょうが、乾燥肌の方、30代アッパーの方には、補った水分を保つ「油分(皮膚が本来持っているバリア機能=皮脂膜をサポートするもの)」が必須
  • いきいきとした、すべすべ素肌のために、いつまでも年齢より若い素肌でいるためには、安全で効果的な「油分補給」=「ピュアでナチュラルな美容オイル」での保湿が欠かせない
  • 今までは乾燥肌の保湿というと、乳液やクリームが主流でしたが、これからはお肌になじみやすい「美容オイル」の時代。
    まだ、天然オイルでのシンプルケアを試したことのない方は、この秋冬、ぜひ一度トライしてみてください。
    翌朝の潤いが断然違います!!

    一口に「美容オイル」といっても、そのベースとなるオイルに何を使っているかで保湿力、安全性(お肌につけても酸化しにくいこと)、使い心地、パフォーマンスには差があります。
    いろいろ使い比べて、自分に合う「美容オイル」を見つけてくださいね。

    話を「クロワッサンプレミアム」に戻しますが、この雑誌はちょっとアッパーな読者がターゲットらしく、載っている化粧品、ファッション、レストランどれをとってもちょっと高級感があります。
    自分が50代になってもこんな贅沢はちょっとできないかな~って思いますが、質の良いものを見るのは目の保養になります(笑)

    第2特集「五感で味わう京都」のお店も、ちょっと気軽に行けそうにないお店、旅館が多いのですが、訪れたら本当の京都の良さを教えてくれそうな気がします。

    ワイン好きな方には「カリフォルニアのワイナリー巡り」という記事がおもしろいです。

    一番印象に残ったのが、巻頭の女優の前田美波里さんと資生堂副社長の岩田喜美枝さんとの対談。
    2人とも60才アッパーなのに何としなやかでいろいろな人生経験を重ねていらっしゃるんだろう!!
    前田美波里さんの「一瞬も一生も大切に生きたいですね。」という言葉が心に残ります。
    気になる方はぜひ読んでみてください。

    ファッションコーディネーター、西山栄子さんの連載、ムートンのブーツの話が良かったなあ。でもこの連載、最終回だそうでちょっと残念。

    広告より著名人のコラム、取材記事が多くて、じっくり読んでしまう雑誌です。

    「クロワッサンプレミアム 12月号」

2009-10-21 | Posted in 11_Natural Anti-AgingComments Closed