絶品マキアート!幸せ気分になれるカフェ「パンとエスプレッソと」@表参道

天気の良い日には、オープンテラスのある、心地よいカフェで、おいしいランチやコーヒーを楽しむのもいいですね。
パンとエスプレッソが大好きな私にぴったりのネーミングで気になっていた、表参道のカフェ「パンとエスプレッソと」に行ってきました。

IMG_0350
休日のおやつ時にコーヒーをのみに行ったのですが、外ではパンとチーズでワインを楽しむ方たち、
中ではベーカリーのパンをイートインで頼む方たちで満席。
ちょっと待ってカウンター席にすわることができました。

まずは、お目当ての「マキアート」(エスプレッソ・マッキアート) を注文。
IMG_0339
出てきたカップに浮かんだハートがあまりにきれいで、カップもおしゃれで思わず「おおーっ」と言ってしまいました(笑)
「マキアート」はエスプレッソにスチームドミルクを加えたもの。
のんでみると、本当においしい!!
エスプレッソとミルクのバランスがすごく良いし、ミルクがすごくクリーミー。
エスプレッソ好きな方にもおすすめです。

こちらは友達が頼んだ「カプチーノ・ドッピオ」
IMG_0341
これも見事なラテアートで口をつけるのがもったいないくらい(笑)
カプチーノは、エスプレッソにスチームドミルクを加えたものの上にフォームドミルク(泡立てたミルク)をのせたもの。
マキアートよりマイルドな味です。
普段エスプレッソをあまり飲まない方は、「カプチーノ」の方が飲みやすいかもしれません。

「マキアート」があまりにも絶品だったため、ベースの「エスプレッソ」もさぞおいしいだろう、ということで、追加で「エスプレッソ・ドッピオ(ダブル)」もオーダー。
IMG_0344
illyのエスプレッソです。
コクがあっておいしい!
「普段こういうエスプレッソがのめるお店が近くにあったらなあ~」と思ってしまいました。
いつもノンシュガーでのんでいるので、砂糖なしでのみましたが、本当はお砂糖を入れた方がイタリア流。
この味ならお砂糖入りでも良さそうです。

 

併設のベーカリーのパンは頼むとオープンであたためてサーブしてくれるようです。
モーニングやランチのメニューがリーズナブルな価格で魅力的。
IMG_0345
カウンター上の黒板にはディナーメニューが書いてありました。生ハムやチーズ、スプレッドなどパンとワインに合いそうなメニューがいろいろ。
仲間内でワインのみながら、くつろぐにも良いですね。


<テイクアウト編>

帰りにベーカリーのパンをいくつか買って帰りました。
私は茶色いパンが好きなので、雑穀パン、ライ麦パン、玄米粉のパンにしましたが、ディニッシュ系の食パンやカレーパン、あんぱんなども人気のようでした。

IMG_0379
写真左:
グレーヌ‥雑穀パン。ゴマ、フスマ、ハイガ、アマニ、アワ、ひまわりの種などと、栗のはちみつ入り。
黒ゴマたっぷりで香ばしい!雑穀のプチプチ感があって噛んでておいしい、オリジナリティあふれるパン。
そんなに固くない。茶色いパン好きな方におすすめ!
写真右:
ノーチェ:くるみの入ったライ麦粉のパン。
クルミがたっぷりでおいしい!ライ麦パン好きな方はぜひ!
 

IMG_0382
リーゾ:玄米粉の食パン。
パンの香りがすごくいい。
食パンだけあって、茶色いパンの中では柔らかくて食べやすい。
普段白いふわふわのパンを食べている方にもおすすめです。
 

他にもカフェモカ、アメリカーノ、冷たいドリンクもいろいろあるし、価格も手頃。(テイクアウトは100円OFF!)
パンもどれもおいしそうでした。
ランチも食べてみたいのでまた行きたいと思います。
本当にこういうカフェが近所に欲しいです!!

表参道や原宿の駅から歩けますが、ちゃんと道順を調べておいた方がよいです。

IMG_0351
「パンとエスプレッソと」 HP

オールアバウト カフェ ガイドによる「パンとエスプレッソと」紹介記事
オールアバウト パン ガイドによる「パンとエスプレッソと」紹介記事

2009-10-25 | Posted in 51_cafe & coffeeComments Closed 

クロワッサンプレミアム2009年12月号、この秋冬は「美容オイル」がブームな予感!

クロワッサン Premium (プレミアム) 2009年 12月号 [雑誌]

出版社:マガジンハウス( 2009-10-20 )

雑誌 ( ページ )



マガジンハウスの「クロワッサンプレミアム」はちょっとターゲット年齢層が高いのだけれど、質の高い記事が多くてよく読んでいます。
今回もいい雑誌だな~と思ったのでちょっとご紹介します。

10/20発売の12月号は、「若い肌」より「きれい肌」ということで、50才アッパー向けのスキンケアとメイクの特集。
スキンケアでは、乾燥対策に「美容オイル」がいくつか紹介されています。
「保湿に美容オイルが良い」、というのは今さらというか、もう常識と思っていたけれど、結構新製品でも植物性のオイルを中心とした「美容オイル」がでてきていますね。

これは私の持論ですが、

  • 素肌をキレイに保つには「水分」と「油分」のバランスが一番大切
  • 10代、20代の皮脂分泌が盛んな頃は「水分補給」だけでも何とかなるでしょうが、乾燥肌の方、30代アッパーの方には、補った水分を保つ「油分(皮膚が本来持っているバリア機能=皮脂膜をサポートするもの)」が必須
  • いきいきとした、すべすべ素肌のために、いつまでも年齢より若い素肌でいるためには、安全で効果的な「油分補給」=「ピュアでナチュラルな美容オイル」での保湿が欠かせない
  • 今までは乾燥肌の保湿というと、乳液やクリームが主流でしたが、これからはお肌になじみやすい「美容オイル」の時代。
    まだ、天然オイルでのシンプルケアを試したことのない方は、この秋冬、ぜひ一度トライしてみてください。
    翌朝の潤いが断然違います!!

    一口に「美容オイル」といっても、そのベースとなるオイルに何を使っているかで保湿力、安全性(お肌につけても酸化しにくいこと)、使い心地、パフォーマンスには差があります。
    いろいろ使い比べて、自分に合う「美容オイル」を見つけてくださいね。

    話を「クロワッサンプレミアム」に戻しますが、この雑誌はちょっとアッパーな読者がターゲットらしく、載っている化粧品、ファッション、レストランどれをとってもちょっと高級感があります。
    自分が50代になってもこんな贅沢はちょっとできないかな~って思いますが、質の良いものを見るのは目の保養になります(笑)

    第2特集「五感で味わう京都」のお店も、ちょっと気軽に行けそうにないお店、旅館が多いのですが、訪れたら本当の京都の良さを教えてくれそうな気がします。

    ワイン好きな方には「カリフォルニアのワイナリー巡り」という記事がおもしろいです。

    一番印象に残ったのが、巻頭の女優の前田美波里さんと資生堂副社長の岩田喜美枝さんとの対談。
    2人とも60才アッパーなのに何としなやかでいろいろな人生経験を重ねていらっしゃるんだろう!!
    前田美波里さんの「一瞬も一生も大切に生きたいですね。」という言葉が心に残ります。
    気になる方はぜひ読んでみてください。

    ファッションコーディネーター、西山栄子さんの連載、ムートンのブーツの話が良かったなあ。でもこの連載、最終回だそうでちょっと残念。

    広告より著名人のコラム、取材記事が多くて、じっくり読んでしまう雑誌です。

    「クロワッサンプレミアム 12月号」

2009-10-21 | Posted in 11_Natural Anti-AgingComments Closed 

気軽にオーガニックフードが楽しめる、ベジフェス(東京ベジフードフェスタ2009)@代々木公園レポ

2009年10月17日(土)、18日(日)に開かれた、菜食レストラン中心のお祭り、「東京ベジフェス」に行ってきました。
当日は快晴。お散歩がてら、お昼においしいベジタリアンフードを食べに行こう~!っていう感じです。

IMG_0333

「健康に興味があるけど、何から始めたらいいのかな?」といった方にピッタリなのが本イベントです。野菜を中心としたレストランや最近大人気のマクロビオティックやローフードのお店、オーガニックにこだわった雑貨や野菜のお店など、からだに優しいお店が大集合!お気に入りのお店に出会えるチャンスです。
(ベジフェスHPより)

IMG_0334
お昼過ぎに会場に着いてみると結構な人混み。菜食やオーガニックなレストランが通路の両脇に露天のように出店されています。
人気のカフェ、レストランには行列ができていました。

IMG_0326
つぶつぶカフェはこんな感じ。

IMG_0330
台湾ヌードルのお店もひとだかり。

IMG_0328
野菜の直売

IMG_0329
ベジなペットフード

NEC_0061
超巨大パエリア(でかい!)

オーガニックコットンやヘナのお店もあります。
いろいろあっておもしろい!

食べ物のお店だけで70店舗あまりあって、どれを食べようか迷ってしまいます。(笑)
会場を2周ぐらいして気になったのが、「中近東料理」ののぼり。

IMG_0332
よく見ると「パパガヤ デリ」というお店で、「フェラフェル」という、ひよこ豆をつぶして揚げたものが入ったベジタリアンピタを販売しています。
フェラフェルはアラブ諸国のファーストフードで、世界最古のベジタリアンフードといわれてる、とのこと。
屋台からはスパイシーというかエスニックないい香りがして、食欲をそそります。
ちょっと長い行列ができていましたが、並んで食べてみることにしました。

NEC_0062
揚げたてのひよこ豆のコロッケのアップ。
コロッケはホクホクで、スパイシー。野菜(たっぷりの千切りキャベツ、ピクルスなど)にはごま風味のドレッシングがかかっていて、とってもおいしい!!
これはまた食べたいな~。

あちこちにテントがあって、運良く座って食べることができました。
食後は、「YAFFA ORGANIC CAFE」のオーガニックコーヒー。これもおいしかった!
友人はチャイをのんでいましたが、シナモンが強めにきいていて、これもまたおいしかったです。

正味1時間もかからずに見終わってしまうのですが、お店の人と話したり、ステージイベントを楽しんだり、友達と語らったり、、いろいろな過ごし方ができます。
天気に恵まれて、楽しいイベントでした。

次回は、2010年3月6日(土)7日(日)。ご興味ある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


東京ベジフードフェスタ HP

2009-10-19 | Posted in 12_Organic stream, 15_Organic FoodComments Closed 

リピート確定!とってもおいしい蕎麦ガレット 「メゾンブルトンヌ ガレット屋」(笹塚)

おいしい蕎麦ガレット屋さんがある!っていうことで、新宿から京王線でわずか5分、笹塚にある「メゾンブルトンヌ ガレット屋」まで行ってきました。
蕎麦粉100%のガレットはフランス・ブルターニュ地方の伝統料理だそうで、初挑戦です。

IMG_0287
まず入り口がかわいい!

IMG_0289
黒板に手書きのメニュー。
お客さんが多くて店内写真が撮れなかったのですが、とても雰囲気の良いお店です。

まずは乾杯から。
ここは、日本で唯一「シードル ド ラ ベ オーガニック」が飲めるお店。
完全有機のシードル(りんご果汁の発泡酒)で完全自然発酵、発泡というレアものです。
これは飲んでおかなくては!ということで、ドライとセミドライ、友人とひとつずつ頼んでみました。

IMG_0298
かわいいボールに入って出てきます。
本場ブルターニュ地方でもこういうボールでのむそうです。
飲み比べてみると「ドライ」の方が多少ピリっと感が強いかな~という感じ。
でもアルコールの弱い私でもおいしく飲めます。(アルコール度5%だそうです。)
「セミドライ」の方がやや甘めで飲みやすいです。


IMG_0299
前菜は「自家製田舎風パテのヴェリーヌ 」。
ガラス瓶にたっぷり200g入って出てきます。
ふたを開けると、ふわーっと豚肉のいいにおい~。食欲をそそります!
食べてみると塩味も適度で、とってもおいしい。パンにもすごく合う!どんどん食べちゃいます(笑)
となりの席の方も注文していたので人気メニューなのかも。
残った分はお持ち帰りにしてくれます(^^)


そして、メインの「蕎麦ガレット」。
私はお野菜5種類がトッピングされるという「ヴェジタリエンヌ」をチョイス。
野菜は黒板のお野菜メニューから選べます。今日は、

  • 有機トマト
  • きのこのソテー
  • ブロッコリーのガーリックマリネ
  • ズッキーニのグリル
  • ナスのグリル

をチョイス。

IMG_0302-1
しばらくしてサーブされたのがこちら。
お皿からあふれるほどの大きさの蕎麦粉のガレット(クレープのようなもの)に野菜が山盛り!すごい量です(笑)。

IMG_0304
お野菜のアップ(笑)。
ガレットは蕎麦の風味にちょっと塩味がきいていて、それだけでもおいしいのですが、上にのった野菜と一緒に食べるとなおおいしい!
野菜の焼き具合が絶妙なのです。
ドレッシングは豆乳シーザードレッシングで、これがまたおいしい!
油っぽくなくて、消化も良さそうです(^^)。
これはお野菜好きの方には是非試して見て欲しいなあ。

友人はサーモンのマリネの蕎麦ガレットをチョイス。スモークサーモンがのっていてこれもまた良いお味でした。

ガレット部分が相当美味しいので、どのトッピングもおいしそう。
他のものも食べてみたいし、ここは、絶対また来たい!!
(でもやっぱりまたヴェジタリエンヌ頼んでしまいそう(笑))
そのくらいおいしいです。

IMG_0308
食後には「エスプレッソ」。濃いめの正統派エスプレッソです。
私はお砂糖は入れないのですが、バスケットがかわいかったので記念撮影。
(エスプレッソちょっと飲んでしまってから撮影したので量が減ってますが、実際はコップの8分目までちゃんと入ってます!)

他にも、コーヒー、カプチーノ、紅茶やハーブティー、オーガニックりんごジュース、ペリエなどもあります。
自家製チョコレートミルクやラム酒入りホットレモネードみたいにちょっと甘めのものもあります。


友達同士でシェアしながら、おいしく食べれるお店です。
ラストオーダーが22:30なので、ゆっくり食事が楽しめます。
ハム、卵、チーズがのっている基本のガレットから、ヴェジタリアン対応メニューまで、ガレットやアラカルトのの種類も豊富。
こじんまりとしたお店で、休日だったせいか、夕食時はほぼ満席だったので、予約したほうが良い感じです。
店内禁煙。テラス席もあります。

IMG_0288
メゾンブルトンヌ ガレット屋 HP

メゾンブルトンヌ ガレット屋 (フレンチ / 笹塚、幡ヶ谷、代田橋)
★★★★ 4.5

2009-10-13 | Posted in 52_Veggie restaurantsComments Closed 

芸術の秋満喫!オルセー美術館展@世田谷美術館の楽しみ方

たまにはアートな世界にひたるのもいいかな~と思って、東京、世田谷美術館で開催中の「オルセー美術館展」に行ってきました。
IMG_0279
今回の展示はアール・ヌーボーのインテリア中心の展示。
アイリスや蘭等の植物をモチーフにした繊細な装飾を施した、テーブルや椅子、ランプ、食器等といくつかのスケッチ等が、

  • サロン
  • ダイニングルーム
  • 書斎
  • 貴婦人の部屋

のコーナーに分けられて展示されています。

展示数は100点あまり。数は多くないですが、インテリアの展示はやはり貴重。
エミール・ガレの婦人用机「オンブリュール」はその装飾の細かさに、ルイ・マジョレルの「テーブルランプ」はその美しさに目を奪われました。

休日にもかかわらず、そんなに混んでいなかったので、ストレスなくみることができました。一つ一つみても正味1時間程で見ることができます。
アール・ヌーボーのインテリアは私にとっては、全くの非日常。別世界です。でもたまにはいいかな~って(^^)

世田谷美術館は、砧公園の中にあって、建物自体もきれいで居心地良いですし、併設のレストランは、外の庭の風景がよく見えるガラス張り。素敵なランチタイム、ティータイムが過ごせます。

IMG_0278

IMG_0281
お庭もステキです。
天気が良い日に、美術館展を見たあと、お茶したり、砧公園をのんびり散歩して、すごく気分転換になりました!
IMG_0277
緑いっぱいの砧公園。

IMG_0284
かわいいわんちゃんたち。なごみます~(^^)

絵画好きの方には物足りないと思いますが、デコラティブなアール・ヌーボーの世界に興味ある方はぜひどうぞ。
オルセー美術館展は2009年11月29日まで。
寒くならないうちに、晴れた日に砧公園とセットで観るのがおすすめです。
もう少し駅から近いと良いのですが、、。(オルセー美術展期間中は、用賀の駅から直行バスがでています。)

オルセー美術館展 HP
世田谷美術館 HP
参考になった感想ブログ

2009-10-09 | Posted in 0_diaryComments Closed 

カフェ好きにいい!一個人編集部の女性誌「MELLOW(メロウ)」初刊号Vol.1

MELLOW (メロウ) 2009年 11月号 [雑誌]

出版社:ベストセラーズ( 2009-10-07 )

雑誌 ( ページ )



速攻買いました(笑)
「完全保存版 世界で一番おいしいカフェ&コーヒー」
とにかく一冊まるごと、カフェとコーヒーの大特集
です。

主な記事は、
「川原亜矢子さんと過ごす東京オープンカフェ」
おしゃれ系カフェの紹介。ひとりでちょっとリッチに過ごすとかデートとかに良さそうです。
(おしゃれカフェと川原亜矢子は、絵になる。(笑))

「東京カフェライフ24時」

有名店も載っていますが知らないカフェも多くて、確かに保存版。
素材的にも盛りつけ的にも食事がおいしそうなお店ばかりです。
これはぜひ行かなくてはっ!

「トップバリスタのいるカフェ」
「全国縦断 スペシャルティーコーヒーが飲める名店」

お店が厳選されているだけあって、どれも「行ってみたい~っ!」っていう気になります。

中とじは、「大人の珈琲BOOK」
コーヒーをおうちで入れる派の方、コーヒー好きの方は必見。
コーヒー豆のこと、道具、淹れ方などがかなり詳しく載っているので、すごく勉強になります(笑)

「絶品のカフェランチ」は大阪とか福岡とか全国各地のカフェが紹介されています。
どれもすごくおいしそうです。

おなじみ、佐伯チズさんの「シワに打ち勝つビューティエイジング」の記事も熟読してしまいました(笑)
お手入れ方法が詳しい写真付きで10ページも「シワ対策」!すごいです。

いいなと思ったのは、料理研究家「浜内千波さんの作り置きレシピ」
今回はキノコのレシピなのですが、どれもおいしそう(^^)
キノコはローカロリーだし秋にはおいしいキノコが安くなるのでどんどん食べたいです!

ほかにも「和カフェ」「ミュージアムカフェ」、本の紹介、エッセイなどもあります。

こだわり情報誌「一個人」の編集だけあって、記事も読み応えがあるし、写真や編集もきれい。
「雑誌の良さ」を持った雑誌です。

次号は2010年1月7日発売。「最強お腹やせダイエット 食べながら痩せるコツ」特集、ということで、これもまた楽しみです。

一個人女性版。私の時間を愉しむ大人の女性の実用情報誌「MELLOW」。
2009年初刊号のお知らせ

2009-10-07 | Posted in 51_cafe & coffeeComments Closed