葉加瀬太郎コンサート、積み上げた演奏技術とショーマンシップが素晴らしかった!

日頃洋楽派の私ですが、実はピアノやヴァイオリンも好き。今回は通りすがりに「葉加瀬太郎20周年!追加公演@NHKホール」というポスターを見つけて、「あー懐かしい、聴きに行きたいな~」と思って即日ネットでチケットを確保。3階席の最後尾の席でホントギリギリとれてラッキーでした。

DVC00494.JPG

葉加瀬太郎のヴァイオリンはクライズラー&カンパニーの頃からその音色が好きでしたが、コンサートに行くのは初めて。どんな構成なのかとっても楽しみでした。
演奏曲目は、20周年記念アルバムから。新曲ばかりでとても新鮮です。
シンプルなステージ、凝ったアレンジ。息のあったバンド演奏。素晴らしかったです。
間にトークが入るのですが、これがウィットにとんでいて楽しい。さらに、見に来た方をステージに上げたり、○○コーナーなどとおかず(?) も盛りこんであって、終始和やかな雰囲気。大人が心から楽しめる、いいライブでした。
もちろんヴァイオリンは当然圧倒的に素晴らしいのですが、それだけヴァイオリンがすばらしいのに、なおお客様を楽しませる努力、工夫をしていることに感動しました。

葉加瀬太郎氏のヴァイオリンは、その弦の音色、特に低音系がすごく良くて、曲も心地良いです。
ちょっとした気分転換になにかいい音楽お探しでしたら、おすすめです♪

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


特設サイトで全曲視聴できます。

このアルバムの中では私は「Bon Voyage」がダントツで好きですが、友達はやっぱり「ひまわり」(NHKの朝ドラ、てっぱんのテーマ曲)がダントツに好きっていってました。みなさんはいかがでしょうか?

おまけ:会場外に飾ってあった葉加瀬氏デザインのポストカード、チャリティで当たるみたいです。デザインかわいいですね!

[pie left]

DVC00495.JPG

DVC00496.JPG

[/pie]
あと、ヴァイオリンだったら古澤巌氏が葉加瀬氏と双璧だと思います。
古澤氏はジプシー系最高ですし、高音とアバンギャルドさが素晴らしいです。

Best Dandyism(DVD付) / 古澤巌

ハッツ・アンリミテッド( 2010-08-04 )


実は夢の共演アルバムもあります。

Time has come / 葉加瀬太郎&古澤厳

ハッツ・アンリミテッド( 2006-09-06 )


2010-12-20 | Posted in 0_diaryComments Closed